トップ  >  ◆体験メニュー  >  稲刈り

稲刈り

 稲刈りはお米の収穫です。稲刈りは鎌(かま)という鋭い刃をもった道具を使いますので、始める前に稲刈りの方法と注意をよく聞いて、ケガのないように気をつけながら刈りましょう。
 刈り取った稲は束ねてウシという竹竿(たけさお)でつくったやぐらに掛けて干しますので、稲の束ね方と掛け方を習ってください。
 残念ながら、刈り取ってもすぐに食べられるわけではありません。
乾燥後、精米したこめを宅配することもできますので、ご希望のときは、お気軽にお問合せください。

 

●  田植え、稲刈りのヒント・資料

農林水産省が提供する子供のための農業教室

 

●用意するもの

鎌(かま) 用意するように言われた場合のみ。大正館から貸し出しもできます。
 
帽子 天気のよい日はとても暑くなります。
 
手ぬぐい 汗をかきます。
服装 体育着など、薄い長そでシャツ。半袖シャツは避けたほうが良いです。
切り傷用の救急絆創膏、虫刺され軟膏など

 

●刈り取りの様子

10月初旬頃が稲を刈る時期になります。文字通り黄金色に育った稲が待っています。
昔から、日本人の主食であるお米は黄金にもたとえられたのです。
1メートル以上に育った稲は、穂の重さで頭を垂らします。
稲刈りは、鎌(かま)を使いますので、指導者の注意をよく守ってケガのないように十分注意しましょう。
鎌を持っての悪ふざけはとても危険です。
刈った稲は数株ごとに束ねます。
刈り取って束ねた稲は、ウシというやぐらに掛けて干します。
ウシは、地域によっては「はさ」(稲架と書く)とも呼ばれる。
十分乾燥させてから、脱穀してお米にします。
< 最終更新日:2009年07月30日 >
前
田植え
カテゴリートップ
◆体験メニュー
次
縄ない
ニュースカテゴリ
お問い合わせ

大正館
(須玉町農業体験農園施設)
〒407-0322
山梨県北杜市須玉町下津金2961-3
TEL( 0551) 20-7200
FAX( 0551) 20-7201

◆予約はこちらから
◆その他のお問い合せ